池田けんいち(池田健一)
昭和42年(1967)2月12日生まれ 54歳
血液型:B 水瓶座 ひつじ年
宇都宮市(栃木県)在住
香川県立高松南高等学校卒業(出身地:香川県)

はじめまして。
自動車を持っていなくても、誰もが道を利用しています。
私は、道について考えます。
よろしくお願いします。
2021年3月2日撮影
市政・県政
栃木道を覚える
栃木での遍歴
アダプト活動
閲覧環境など
資格や賞与など
1983 (昭和58) 第四回毎日児童生徒書き初めコンクール、銀賞
1983 (昭和58) 第34回書初展、銅賞
1984 (昭和59) 剛柔流空手道全国大会、型の部、香川県代表
1988 (昭和63) 普通自動車免許取得(中型車は8トンまで)
2020 (令和02) 栃木市アダプトに登録

PCスキル
2000 (平成12) 日本語文書処理技能検定3級合格
2000 (平成12) 第1回ベスト&キヤノンデジタルフォトコンテスト、銅賞
2000 (平成12) 有限会社eパソコン設立(現在は休止中)日本語文書処理技能検定やMOS検定などの合格者を輩出
2010 (平成22) この頃「ウインドウズ7を便利に」が「Windows」キーワードのみで検索1ページ目に表示(準賞与)

Windowsパソコンの自作や修理、ホームページ作成、Word, Excel, PhotoShop, Illustrator など、基本は大丈夫です。
・キーボードを見ないで文字入力(タッチタイプ)できます。
・高校生の時、独学でアセンブラを覚え、ゲームプログラムを掲載してもらいました。
 昭和58年3月号 月刊BASICマガジン アイスマン    電波新聞社  原稿料9,000円  言語:BASIC
 昭和58年11月号 月刊RAM      チェッカーゲーム 廣済堂    原稿料3万5,000円 言語:BASIC
 昭和62年3月号 月刊OH!MZ     BEAM CANON    ソフトバンク 原稿料12万円   言語:Z-80Assembler,BASIC

対応開発環境  Visual Studio 2019
対応ランゲージ Z-80Assembler, BASIC, FORTRAN, COBOL, PASCAL, Micro-Emacs, Excel-VBA, VB, C, C#
市政・県政 トップに戻ります

栃木に来て、一番に感じたことは、道が悪いということでした。
香川から栃木に引越した身なので、どうしても香川県との比較になりますが。

2021年2月に自動車免許証の更新がありました。
鹿沼の免許センターで、教官が「栃木は事故率が高くて、ずっとワースト・・・」と嘆いていました。
しかし、香川から栃木に自動車保険を移すと、差額が返金されました。
(画像)
栃木より香川が事故率が高い証拠です。
しかしその香川県出身者の私が見て、栃木の道は、危険です。

栃木は広いので、道を補修する費用が不足するのはわかります。
しかし、栃木の道には、構造的な問題があります。

車では現状よくわからないので、スクーターで、栃木県内、茨城県の太平洋、三国峠を越えて新潟県まで行きました。
群馬県方向から、122号線を通り、草木湖の横を走り、足尾にも行き、足尾から15号線で鹿沼の山道を数時間かけて栃木市まで抜けてもみました。
もちろん30km厳守なので、新潟や太平洋は、往復18時間くらい掛かったと思います。

そして結論です。
足尾から15号線で鹿沼の山道を数時間かけて栃木市まで抜ける、それが栃木全体の道と同じです。
栃木の道の悪さは、けもの道レベルです。

(1)中央分離帯からの右折やUターン
香川県では、中央分離帯から右折やUターンは、事故につながるので、中央分離帯のあいだを埋めています。
しかし栃木は、今も中央分離帯から右折やUターンしています。
あれでは、うっかりすれば、すぐに追突です。
20年以上前に香川県で実施して、それによる交通事故を減らせたのですから、栃木でもできます。
(画像)

右折やUターンできていたのが、その先の信号機まで行かないといけなくなったので、香川でも不満が上がりました。
当初は私も、なんで右折やUターンできないようにしたのかと思いました。
しかし、そこでの追突事故や、右折やUターンする車のため、渋滞が発生することがなくなりました。

栃木では、今も毎日、右折やUターンによる渋滞が発生し続けており、自動車通勤をしている方なら毎朝見ている筈です。
2車線も3車線ある道で、信号機も無い所で、いきなり車が停車するのですから、危ないと思っている筈です。
右折やUターンによる渋滞や、それによる危険さは、無くすことができます。

(2)信号機
(画像)
栃木道を覚える トップに戻ります

2020年4月末に、栃木市に引越し、この道しかわかりませんでした。
この道から外れると、自分がどこにいるのか、まるでわかりませんでした。
32号線に出て、とにかくまっすぐ、栃木インター、そして栃木市の石田純一の大看板、そこまででした。

栃木はすべて山奥で、栃木の人の移動時間は2時間が普通だと思っていました。
そして栃木は、シカやたぬきがウロウロしているのが普通だと思っていました。
シカやたぬきにぶつかると、車が壊れかねず、ケータ持っていないと本当に遭難します。

引越した所は3Gケータイでは圏外になり、仕方ないのでケータイ変えました。


目印にしているのは私だけではなく、栃木市では、おそらく最も有名です。
代わりはないでしょう。
もしこの看板を変える話しが上がると、栃木市民の心中はおどやかでなくなるでしょう。


四国から車で移動したので、栃木インターが起点になりました。
圏央道、第2東名、三重県あたりの海の上を走る道など、速くなったと思います。
必要最低限の休憩だけなら、四国の香川県から栃木インターでも10時間かからないでしょう。

富士山が見えるあたりで「実験120km走行区間」もありました。
私の車で120km出すと、少しの風でも横揺れして危険でした。
高速のトイレは、トイレとは思えないゴージャスさです。


山奥から、最初の信号まで5km以上ありました。
そして、最初のコンビニから曲がってみたら、道の駅にしかたに着きました。
道の駅なので、わかりやすい目印です。

地図も何も持っていなかったので、とにかく道なりです。
それでも合流点を通過したりして、道なりに帰るはずが、小山市・下野市・上三川町などに漂着、どこにいるのかわからなくなりました。
道路標識を頼りに、迷いまくって栃木市に着き、栃木インターを目指し、石田純一の看板に到着して、現在位置を確認という感じでした。

石田純一の看板がなければ、あの大通り(箱森交差点)だとわからず、通り過ぎ、迷いまくったことでしょう。
石田純一の看板が、光り輝いて見えました。
私に限らず「ようやく石田純一に着いた」と思う人は、今も多いと思います。

地図の「市役所支所」の近くが、道の駅にしかたです。
地図を見て、道の駅みぶが西方から近いことを知り、道の駅にしかた・みぶルートを開発します。
この当時、自分が壬生に引越すなど考えもしませんでしたが、壬生への最短ルートを開発していたのでした。


道の駅にしかた→道の駅みぶ。
石田純一(箱森)から、にぎやかな方に進み、2号線、そして壬生。
逆方向で50号線、そこから左右に進んでみて、佐野藤岡インターと小山市。

版図はだいぶ広がりましたが、それでもまだ2号線や50号線の名前を覚えた程度です。
2号線を進み、壬生町に入っていた筈ですが、「ここはどこだろう?」と思って、引き返していました。
この頃は新幹線に到着しておらず、各ルートもバラバラの状態、たとえば道の駅みぶから2号線に出ることもできませんでした。


更なる進軍、32号を山奥に逆走、トンネルを抜けて鹿沼市へ。
50号線を左に進んで足利市、右に進んで新幹線、そして茨城県へ。
日光東照宮そして中禅寺湖まで大遠征、時速30kmのスクーターなので、往復10時間くらいかかりました。
日光東照宮へは、宇都宮(2号線)から行ったのか、鹿沼市から行ったのか、覚えていません。

しかしまだ、2号線、50号線、道の駅西方、道の駅壬生など、点を覚えた程度で、近道することはできませんでした。
栃木市内では、石田純一から、とりせんを経由して、栃木市役所に行くルートが、わかりませんでした。
宇都宮市は、道が混んできたら、迷子になるので進むのを止めていました。
栃木での遍歴 トップに戻ります

 2019年に関東に引越すことになりました。
 四国から、関東の仕事と住居を見つけないといけません。
 20代の頃、関東で働いており、そのつてを頼ることにしました。
 30年も前なので、お世話になった人は引退していましたが、正社員でプログラマという、とても良い仕事を見つけてもらいました。
 
 次は住居ですが、仕事が決まっても、インターネットの不動産屋では「勤務していること」が条件にされ、住居は見つかりませんでした。
 どうしようと思っていたら、テレビで空き家バンクが放送され、安く家を売っていると知りました。
 そして、栃木市の空き家バンクにたどり着きました。
 栃木市の空き家バンク(作成当時のアドレスなので、変わる可能性があります)
 家を見ないで買う無茶でしたが、栃木市内だし、栃木市がやっているんだし、補助も多くあるようなので、大丈夫だろうと思いました。

 更に、栃木市移住体験施設もあり、一泊二千円で泊まれるので、一週間くらい予約したと思います。
 栃木市移住体験施設(作成当時のアドレスなので、変わる可能性があります)

 しかし間際、栃木市から「非常事態宣言になったので栃木市移住体験施設を閉鎖する」と言われてしまいました。
 まさかの栃木市ドタキャンです。

 決まっていた仕事も、「非常事態宣言なので雇えなくなった」となってしまいました。
 つてを頼った就職だったので、非常事態宣言を口実にされたと思ったのですが、新社会人でも内定取消になっていたようでした。

 仕方ないので、ビジネスホテルを連続で予約して、車で12時間かけて四国から栃木市まで来ました。
 しかし、買った家は、ゴミ屋敷でした。
 不動産屋が手配した業者がいたのですが、「見積りを間違えた。こんなにゴミがあると思わなかった。不動産屋からもらった金がなくなったので、もうやめた」と、仕事を放棄してしまいました。
 更に、非常事態宣言により栃木市のゴミ焼却施設も動かなくなり、ゴミのため置きも限界、ゴミ出しもできなくなりました。
 栃木の山奥で、テレビもパソコンもないゴミの中での生活を、二ヶ月も過ごしました。

 ゴミ出しできなくなり、畳も床板も腐っていたので、すべて交換しました
 その家も売ってしまい、壬生町に引越し、宇都宮市に引越し、今に至ります。

 今の目標は、お金を貯めて中古の家を買い、栃木でパソコン教室など活動再開することで、良い家をさがしています。
アダプト活動 トップに戻ります

・栃木市が主催している、道路・公園などの清掃のボランティア(アダプト活動)に参加しています。
・栃木市民限定だと思っていたのですが、壬生町に引越してからも継続を希望されたので、行っています。
・いまは私一人で行っていますが、複数人参加になると、たすきや看板をもらえると思います。
・清掃に必要な、ゴミ袋・手袋・ほうきなどは、支給してくれます。
・清掃に関する撮影や、年次報告書などを作って報告しなければなりませんが、それは私がやります。
・栃木市の傷害保険に、無償で加入させてくれます。

2020年8月~12月 星野河川公園、栃木市藤岡渡良瀬運動公園
2021年1月~現在 永野川緑地公園、四季の森公園、総社第1公園、総社第2公園、とちのき公園、ねむのき公園
         星野河川公園、栃木市藤岡渡良瀬運動公園

       2021-0309               2021-0310              2021-0311
閲覧環境など About viewing. トップに戻ります

 本ホームページは、上から下へという単純な作りです。
 ・上矢印(↑) 上方向に移動
 ・下矢印(↓) 下方向に移動
 ・HOMEキー 一番上に移動
 ・ENDキー  一番下に移動

  • 本ホームページは、ディスクトップパソコン用Windows10+Microsoft Edgeにて確認しています。
  • スマホ専用ページを作っておらず、スマホを横にして(Android, TONE e21, 2340×1080)確認しています。
  • This website is confirmed with Japanese version of Windows 10, screen resolution 1920 × 1080, Microsoft Edge, Google Chrome, Firefox.(このウェブサイトは、日本語バージョンのWindows 10、画面解像度1920×1080、Microsoft Edge、Google Chrome、Firefoxで確認しています。)
  • 本ホームページを設置してあるドメイン https://e-computer.jp は、有限会社eパソコンという会社用でした。
  • 「イーパソコン」を商標登録して、通名として使い、リンクや検索もあるので、ドメインも流用しています。
  • 商標登録第4955083号。平成18年5月26日(May26,2006)。更新申請登録平成28年(2016)10月4日(特許庁)
  • 商標の画面(1164×2426) 存続期間満了日2026年5月26日
ウインドウズ7を便利に  準賞与  ウイルス被害  Z-80A構造体  減量  梱包
チェス   https://www.chess.com/member/ken-japan
ツイッター https://twitter.com/e_computer_jp
Copyright(C)2000-2021 e-computer. All Rights Reserved.